センター

情報センター

センター紹介

情報センターでは、三郷キャンパスおよび登美ヶ丘キャンパスのパソコン教室やネットワークの整備・管理を行っています。

パソコンは、三郷キャンパスに約200台、登美ヶ丘キャンパスに約70台設置しています。
そして、両キャンパスの学内には無線アクセスポイントを多数設置しています。

本学では、「マイクロソフト社の包括契約(EES)」や「アドビシステムズ社の包括契約(ETLA)」を導入し、最新の情報環境を構築しています。
各機器のスペック等は、冊子「学生生活の手引」をご覧ください。
また、教室内のパソコンは、教室が開いているときは、いつでも利用することが可能です。

それ以外にも、マイクロソフト社の包括契約(EES)により、クラウド基盤である最新のOffice365を学生の皆さんの所有する「パソコン」「スマートフォン」や「タブレット」で利用することも出来ます。

これらを管理するシステム管理室は、三郷キャンパスは6号館(情報教育等)2階に、登美ヶ丘キャンパスは1号館1階事務室内にあります。各種申請を始めとして、パソコンの操作等で困ったことや相談したいことがあれば、気軽に来てください。

サービス内容

情報センター システム管理室では、以下のサービスの受付を行っています。

・周辺機器の貸出(スキャナー、ヘッドフォン)
・無線LANの使用
・マイクロソフト包括契約(Office365)の申請

利用可能時間

■通常期間中
・平日  8:30~18:00
・土曜日 8:30~13:00

■長期休暇中
・平日  9:00~16:00
・土曜日 9:00~12:30

※日曜日、祝日、年末年始等は閉館しています。
※臨時の閉館や時間変更については掲示等でお知らせしています。

スタッフについて

情報センター長
システム管理室長
システム管理室員 3名

※登美ヶ丘キャンパス含む

センター長からのメッセージ

奈良学園大学の情報センターは、その設備において私立大学の中でも屈指の質と量を誇っています。
学生諸君が直接使う「パソコン」としてはキャンパスごとに異なりますが、Windows7およびWindows10の両方が、またネットワーク環境で使用する「サーバ」もUNIXとWindows Serverの両方が用意されています。そして、学内のすべてのパソコンは「LAN」で接続されており、「インターネット」を介して世界中の人や組織と情報交換することができます。
これらの設備は、講義での使用はもちろんですが、昼休みや講義で使っていない時にも、自由に利用することができます。つまり、やる気のある人は、これらのコンピュータ資源を、勉強やクラブ活動、大学生活、就職活動など、あらゆるシーンで活用することができるのです。
もちろん全学生が共同利用する設備ですから、最低限の「守るべきルールとマナー」があります。インターネットの利用についても同様です。
これらのルールやマナー、そして情報センターに整備されているハードとソフトの詳細については、「学生生活の手引き」に書かれています。まずは、この手引書をしっかりと読んでください。
さあ、これで免許皆伝。コンピュータとインターネットを存分に楽しんでください!