センター

社会連携センター

センター紹介

奈良学園大学社会連携センターは、産官学連携事業、知的財産の創造・保護・活用、地域連携、高大連携事業等の推進を通して、大学や学生が広い意味で社会貢献を行うことを目的としています。これまで、三郷キャンパスや地域連携センターで、その活動を担ってきましたが、平成26年4月、人間教育学部、保健医療学部の設置と同時に、全学組織として誕生しました。
現在、辻下センター長を中心に、人間教育学部、保健医療学部の先生とセンター事務室の職員で運営されています。

サポート内容

現在、少子高齢化や経済格差などが進む一方で、メンタルヘルスの不調に悩む人が増えています。現代社会ではさまざまな課題を抱えています。課題には社会全体に関わるものと個人の健康や心の課題などがあり、状況は複雑です。
奈良学園大学社会連携センターはこうした課題を解決するために、大学および本学の学生と大学外の企業・地域社会・行政・非営利組織など、さまざまな団体と連携することで、奈良学園大学が持つ知的資源や人的資源による社会貢献を目指し、そのため大学外の団体との協定に基づきさまざまなプロジェクトを立ち上げ、

1.教員による課題解決のための調査・分析・提案(研究)
2.学生を中心としてプロジェクトチームを結成し課題解決のための調査・分析・提案(研究)
3.学生、教職員の自主的な活動(ボランティア、社会活動等)

のサポートを行っていきます。

社会連携センター長(保健医療学部教授) 辻下 守弘

わが国は世界でも類を見ない勢いで少子高齢社会が進行し、地方の過疎化や地域間格差が拡大するなど、社会の抱える課題が山積しています。社会連携センターは、これら社会的な課題を地域社会と連携しながら解決するといった重要な大学の使命を果たすことです。 
私は、前任校である県立広島大学において、三原市と尾道市の介護予防事業、福山市の健康増進事業、広島県の福祉産業創生事業、そして地場産企業との産官学連携事業など社会連携の豊富な実績があります。社会連携センターでは、これらの経験とスキルをベースにして、奈良県の社会的課題を解決すべく尽力したいと考えております。