ニュース

ニュース

奈良学園大学シンポジウムを開催しました

  • 奈良学園大学シンポジウムを開催しました
  • 奈良学園大学シンポジウムを開催しました
  • 奈良学園大学シンポジウムを開催しました
  • 奈良学園大学シンポジウムを開催しました

大阪市北区にある堂島ホテルにて、9月11日(日)、奈良学園大学シンポジウム「こころの看護が社会を変える~未来へのメッセージ~」が開催され、超高齢社会の進展に伴って変わってきている看護の環境が、今後、どのように日本社会に影響を与えるのかをテーマに、各分野で活躍する方々を招いて、議論が行われました。
会場には定員を大幅に上回る約400人が参加。関心の高さと同時に、看護師育成への期待の大きさをうかがわせました。

シンポジウムは本学マーチングバンド部による演奏でスタート。
冒頭、梶田叡一学長が挨拶し、「現代の看護には、身体はもちろん心の支えも不可欠です。それだけに、看護職の養成を考えて行くことが、社会の基本的な問題を考えることになるのではないかと思います」と語りかけました。その後、本学の保健医療学部学生によるプレゼンテーションが行われ、3年生の實藤凛さんは「国際看護学-今、改めて学ぶわけ-」、2年生の平田静菜さんは「国際看護-短期留学で学んだこと-」という題でそれぞれ発表を行いました。実習や留学の体験を踏まえた発表内容に、来場者の皆さんも熱心に聞き入っていました。

次いで「ともに生きる社会を目指して」というテーマで精神科医・立教大学現代心理学部教授の香山リカ氏による基調講演が行われました。TVやラジオ、新聞などのマスコミでも活躍されている香山教授は、医師としての自身の体験を通して、時にはユーモアを交えながら、精神科医として『自己有用感』『多様性』という視点、さらには医療の現場が大きく変容していることなどを例示し、人・患者を中心にした医療・とりわけ看護職の重要性について語りました。

続いて、「こころの看護が社会を変える」をテーマにパネルディスカッションが行われました。フリーアナウンサーで臨床心理士としても活躍される関根友実氏がコーディネーターを務め、基調講演を行った香山教授に加えて、神戸常盤大学保健科学部長の鎌田美智子氏、奈良県看護協会会長の平葉子氏、そして本学の辻下守弘社会連携センター長・教授がパネリストとして登壇して熱い意見を交わしました。香山教授は医師の観点から、医療現場における看護師の役割の重要性が増していることなどについて言及。鎌田部長は超高齢化社会において、患者の心に寄り添ったケアができる看護師を生み出すための教育の必要性などについて述べ、これからの看護師には①ヒューマンケアのプロ②グローバル社会に対応する力③生涯学び続ける専門職、であることを求めました。平会長は40年に渡って実務に携わってきた経験を元に、看護・介護の必要度が高まっているにもかかわらず看護師不足、質・信頼面での課題があることを指摘。環境の整備、研修(復職等の支援)、養成(基礎教育を4年に)チーム医療における看護師の果たす役割、そして患者もチーム医療の一員であることを自覚していただくことの重要性などを強調。また、終末期を在宅で過ごした患者の感動的なエピソードも披露しました。辻下センター長は、医療現場においてチーム力を発揮するための要になるのが、今は看護師であり、リーダーシップや機転、セルフケアの実践者となることなどについて語りました。

最後に守本とも子保健医療学部長が「このシンポジウムを通じ、「心の看護」がますます求められることを、再認識しました。誠実で豊かな知識を備えた人材を育成したいと思います。」と挨拶、シンポジウムを締め括りました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。