ニュース

ニュース

2017プロ野球ドラフト会議結果の報告とお礼

  • 2017プロ野球ドラフト会議結果の報告とお礼
  • 2017プロ野球ドラフト会議結果の報告とお礼
  • 2017プロ野球ドラフト会議結果の報告とお礼
  • 2017プロ野球ドラフト会議結果の報告とお礼

2017プロ野球ドラフト会議が10月26日(木)に行われ、硬式野球部の宮本丈内野手(人間教育学部4年)がヤクルトスワローズから6位、村上海斗外野手(人間教育学部4年)が読売巨人軍から7位指名を受けました。

奈良学園大学三郷キャンパスでは、多くの報道関係者が詰めかける中、辻毅一郎学長、金山副学長、松田スポーツ振興委員長、酒井真二監督、松井典夫硬式野球部部長が記者会見に臨みました。

報道関係者からの質問に、宮本選手は「指名していただいてホッとした気持ちです。まずは開幕一軍を目指して頑張りたい。そして、1年でも長くプレーし、引退を惜しまれるような選手になりたい」、村上選手は「まずは、指名していただいたという感謝の気持ちで一杯です。そして、ジャイアンツという輝かしい歴史あるチームで1軍に定着し、トリプルスリーを目指したい」と力強く抱負を語ってくれました。
辻学長からは「プロ野球は厳しい世界。しかし、君たちが今日まで努力してきたことが必ず報われると信じています。自信を持って頑張ってください。」と激励されました。

この度は、大勢の皆さまに見守られながらの指名待ちと記者会見に関係者一同より、厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

今後もプロ野球選手となる二人に温かいご声援をお願いします。