ニュース

ニュース

「ベースボールクリニック」を開催しました

  • 「ベースボールクリニック」を開催しました
  • 「ベースボールクリニック」を開催しました
  • 「ベースボールクリニック」を開催しました
  • 「ベースボールクリニック」を開催しました

12月3日(日)、本校グラウンドにて、「ベースボールクリニック」を開催しました。ベースボールクリニックは、プロ野球の選手などを講師としてお招きし、奈良や大阪の硬式野球チームに所属する中学生たちに直接、技術指導をしていただく恒例のイベントです。

今年の講師は中日ドラゴンズの吉田利一選手、パナソニック野球部の庄司力也選手と鈴木佳佑選手、ドラフトにより、東京ヤクルトスワローズに入団が決定した宮本丈選手、読売ジャイアンツに入団が決定した村上海斗選手です。5班にグループ分けした中学生に、順番にバッティングや内野ノック、走塁などの指導をしていただきました。

「走塁のときのタイムの早め方など、今まで知らなかったことをたくさん教わりました。高校野球を目指しているので、野球のことをもっと勉強したいと思いました」と淀川ボーイズの中学生の方。プロ直々の指導を受けたことで、自分の長所と弱点、改善すべきポイントなどを理解できたと思います。

開会式の挨拶で本校の野球部長・松井典夫准教授が述べたのが、本日、お越しいただいた選手の方たちが本校のOBや現役の学生であり、優秀な選手でありながら、かつ教員の免許をしっかり取得している人もいるという話でした。中学生の皆さんにとって、野球のスキルアップはもちろん、将来の自分の在り方について真剣に考える日にもなったのではないでしょうか。今後の成長が楽しみです。