ニュース

ニュース

教職員自主支援大学オープン講座(夏季講座)を開催しました

8月21日(火)に、平成30年度 教職員自主支援大学 オープン講座(夏季講座)を開催しました。猛暑は少し納まりましたが、それでも30度を超える暑さの中、教職に対するスキルアップと意欲の向上を目的とする多くの先生方に、ご参加いただきました。

奈良学園大学人間教育学部教授である善野八千子社会連携センター長による挨拶の後、本学人間教育学部講師の山田均先生により、「『主体的・対話的で深い学び』の実現を図る~社会的な見方・考え方を働かせる学習を通して~」というテーマで講座が始まりました。

学校教育の現場において重要な役割を担う新学習指導要領を、「社会に開かれた教育課程」「カリキュラム・マネジメント」「資質・能力の3つの柱」「教科等で育成される見方・考え方」「主体的・対話的で深い学び」の5つのポイントにまとめました。そして、グループワークや自らの体験談などを交えながら、それぞれのポイントを詳しく解説。豊富な経験を持つ参加者の皆さんも、違った視点からの解説に、より理解を深められたようです。

受講されている方々の中には、現役の先生などもいらっしゃいましたが、参加者全員が、熱心に山田先生のお話に耳を傾けておられました。

奈良学園大学は、未来の先生のたまご達の育成にも力を注いでおります。今後も、本学へのご理解・ご支援を、よろしくお願いいたします。