ニュース

ニュース

「奈良学園大学保健医療学部リハビリテーション学科と医療法人社団医聖会 学研都市病院リハビリテーション科との教育・学術連携に関する協定書」の調印式を執り行いました

3月16日(火)、登美ヶ丘キャンパス1号館会議室にて午後2時より、「学校法人奈良学園 奈良学園大学 保健医療学部リハビリテーション学科と医療法人社団 医聖会 学研都市病院リハビリテーション科との間の教育・学術連携に関する協定書」の調印式を執り行いました。

本協定は実習提携をはじめ、奈良学園大学と学研都市病院の教育及び学術活動における協力を発展させ、また、相互理解の促進と双方の発展に寄与することを目的としています。


20210316_04.jpg


調印式では、出席者の紹介の後、協定書の朗読があり、続いて、奈良学園大学 辻毅一郎学長と学研都市病院 吉村玄浩院長が調印書に署名しました。調印を終えた両名は握手を交わし、周囲の拍手の中、調印書を掲げられました。

調印式の閉会では、辻学長、吉村院長から挨拶があり、今回の教育・学術連携に関する協定の意義も表明されました。