保健医療学部 看護学科

教員紹介

奈良学園大学 保健医療学部 教授 西川 隆 にしかわ たかし
教授

西川 隆にしかわ たかし

略歴
信州大学医学部卒業・博士(医学)

大阪大学附属病院研修医、星ヶ丘厚生年金病院神経科医長、大阪船員保険病院神経科精神科部長、大阪大学大学院医学系研究科精神医学講師、大阪大学附属病院病棟医長、同外来医長、大阪府立看護大学総合リハビリテーション学部教授、大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科教授、大阪自彊館診療所長などを経て現職
研究テーマ
・認知症の症候と治療
・統合失調症の社会的認知機能
・心的外傷体験と精神障害の関連
担当科目
・精神医学
・内部障害学Ⅰ(総論)
・内部障害学Ⅱ(各論)
・神経内科学
・精神障害作業療法学Ⅰ(総論)
・高次脳機能作業療法学Ⅰ(総論)
高校生へのメッセージ
セラピストの仕事は簡単ではありませんが、自分の努力が困っているひとびとの役に立っているということを、生涯にわたって、毎日のように実感させてくれる幸せな職業です。ぜひ本学で学んで、理学療法士、作業療法士になってください。
本学学生へのメッセージ
高い理想と、地道な努力! 愛と冒険もね。
オフィスアワー
水曜 10:40~12:30
連絡先
学会等
日本精神神経学会、老年精神医学会、高次脳機能障害学会、神経心理学会
著書・学術論文等
【著書】
・女性のメンタルヘルス 南山堂 2017
・情動とトラウマ 朝倉書店 2017
・注意と意欲の神経機構 新興医学出版社 2014
・症例で学ぶ高次脳機能障害 中外医学社 2014
・認知症ハンドブック 医学書院 2013
・脳血管障害と神経心理学 第2版 医学書院 2013
・精神医学マイテキスト 金芳堂 2011
・精神の脳科学 東京大学出版会 2008
・高次脳機能障害その概念と画像診断 中外医学社 2006
【学術論文】
・Development of the Japanese version of the Quality of Life in late-stage Dementia Scale. Psychogeriatrics 18(2): 106-112, 2018
・Gustatory dysfunction as an early symptom of semantic dementia. Dement Geriatr Cogn Dis Extra 7(3): 395-405, 2017
・Earlier and greater hand pre-shaping in the elderly: a study based on kinetic analysis of reaching movements to grasp objects. Psychogeriatrics 17(6): 382-388, 2017
・Impaired Interpretation of Others' Behavior is Associated with Difficulties in Recognizing Pragmatic Language in Patients with Schizophrenia. Journal of Psycholinguistic Research 46(5): 1309-1318, 2017
・Decline of gustatory sensitivity with the progression of Alzheimer’s disease. International Psychogeriatrics 28(3): 511-517, 2016
・Development of the Cognitive Test for Severe Dementia. Dement Geriatr Cogn Dis 40(1-2): 94-106, 2015
・Neural substrates of emotionally vallenced episodic memory: A PET study using film stimuli. Psychiatry Clin Neurosci 60 Suppl 1: S46-51, 2006
・Neural substrates of emotional habituation: A PET study using film stimuli. Psychiatry Clin Neurosci 60 Suppl 1: S40-45, 2006
・Neural basis of fear conditioning induced by video clip: Positron emission tomography study. Psychiatry and Clinical Neurosciences 59: 155-162, 2005