保健医療学部 看護学科

リハビリテーション学科

理学療法学専攻

科学的根拠に基づいた運動療法と物理療法を用いて
患者様の回復をサポート。

理学療法士が行うのは、起き上がりや立ち上がり、姿勢の保持、歩行などの基本機能(動作)の回復です。
病気や怪我により、動くことができなくなった身体機能の障害に対してアプローチを行います。全く動くことができない段階から関わり、基本的な動作の獲得を目指します。
具体的には科学的根拠に基づいた運動療法と物理療法を用いて患者様の回復をサポートします。
対象は高齢者だけではなく、子どもからスポーツ選手まで幅広く、本学では対象者の問題点を見抜く評価学と実際の治療学をより実践的に学びます。
取得できる免許・資格
●理学療法士国家試験受験資格
目指す進路
●病院(急性期・回復期・維持期等)
●介護保険関連施設(入所・通所・訪問等)
●公的機関(官公庁・保健所等)
●スポーツ関連研究所・スポーツ団体 等
STUDENT'S VOICE
新設学科の新しい施設は充実した学びの環境。
2019年に新設されたリハビリテーション学科は、最新の3次元動作解析装置を完備した運動学実習室など最先端の実習設備が整った環境。
仲間とともに学びを深めています。今興味があるのは、内部障害を引き起こす疾患について学ぶ「内部障害学」の授業。
多くの専門知識を得ることが楽しく感じます。患者様の気持ちを理解できる理学療法士を目指し頑張ります。
松井 翔大さん
松井 翔大さん
リハビリテーション学科 3年生
(奈良県立郡山高等学校出身)
1限目
(9:00~10:30)
英会話Ⅰ リハビリテーション概論 理学療法概論 基礎ゼミⅠ ボランティア
活動
2限目
(10:40~12:10)
- 人間発達学 心理学 情報機器の操作 英語Ⅰ
3限目
(13:00~14:30)
運動学入門 - データの世界 リハビリテーション医学 -
4限目
(14:40~16:10)
- スペイン語
基礎Ⅰ
生活と環境 リハビリテーション医学 情報倫理とセキュリティ
5限目
(16:20~17:50)
- 人体構造学Ⅰ
(総論・組織学)
健康スポーツ
(論理)
- 人間発達学
6限目
(18:00~19:30)
- - - - -
TEACHER'S VOICE
リハビリテーションの領域は病気やケガをしてすぐの時期や積極的な機能回復の時期に加えてケガや病気の予防にも、幅広く関与します。
そのため、最新の知識と技術が求められます。最新の技術も学び、いち早く社会のニーズに応えられる人材を育てたいと思います。
本学の「人を支える人になる」ことの大切さを知り、仲間と頑張ってみませんか。
橋本 雅至
理学療法学専攻 教授
橋本 雅至