奈良学園大学について

教育のポリシー

大学のポリシー

(1)アドミッションポリシー
  1. 大学教育を受けるに相応しい基礎能力や体験を備え、本学での教育を通じて社会人としての一層の成長が期待できる学生を受け入れる。
  2. 実践を重視した演習課題に、積極的にとりくむ意欲のある学生を受け入れる。
  3. 地域社会との交流に関心を持ち、将来、社会全体の発達・発展に貢献する事に使命感を持つ学生を受け入れる。
(2)ディプロマポリシー

 本学は、所定の単位を修得し、以下のような「実践力」を身につけた学生に対して、その卒業を認定する。

  1. 高度な学識と実務能力に基く実践力
  2. 時代の進展に対応し得る広い視野と創造性をもつ実践力
  3. 社会に貢献することのできる実践力

人間教育学部のポリシー

(1)アドミッションポリシー
  1. 教職への意欲や関心があり、教育を通して社会の未来に貢献する意欲のある人
  2. 教育の専門家としての確かな力量を獲得するため積極的に学び続ける意欲のある人
  3. 豊かな人間性や社会性、常識と教養をはじめ協調性や創造性を深める意欲がある人
(2)カリキュラムポリシー
  1. 広く豊かな社会的常識をもち、人間的社会的に成熟した人を育てる教育
  2. 教育に対する使命感と情熱をもち、子どもと教育的な関係を築く力をつける教育
  3. 教育の専門家として各教科の内容及び指導法を実践的に深める教育
  4. 個々の子どもを理解し一人一人を生かすとともに集団を指導する力を身につける教育
  5. 自己教育力をもち、セルフマネジメント能力と生涯学習能力を身につける教育
  6. 学校内外の人々と連携しチームとして活動できる力を身につける教育
  7. 日本の伝統文化を深く理解し、国際的な感覚を身につける教育
(3)ディプロマポリシー
  1. 広く豊かな社会的常識をもち、人間的社会的に成熟している
  2. 教職に対する使命感をもち、児童生徒に教育的な愛を持って接することができる
  3. 学校現場の様々な教育課題に適切に対応し、チームとして行動することができる
  4. 子どもの発達に応じて授業を構想し指導を工夫する教育の専門家である
  5. 自己の学習を振り返り、理論と実践を結びつけた研修を継続的にできる
  6. 保護者や地域の人等、学校外の人等と広く連携する力を身につけている
  7. 日本の伝統文化を深く理解し、国際的な感覚を身につけている

保健医療学部看護学科のポリシー

(1)アドミッションポリシー

 本学看護学科では、幅広い教養と豊かな人間性、国際性、変化に対応できる汎用的能力などをそなえ、「人」を中心に据えた専門的知識と高度な技術、創造力、実践力、協調性などを身につけた質の高い看護職者を育成するため、次に掲げる資質を備えた人を求めています。

  1. 看護を志ざし、人を支えることに関心がある人
  2. 探究心がある人
  3. 自分の決めた目標に向かって努力できる人
  4. 読解力のある人
  5. 人の話を聴いて理解できる人
  6. 自分の考えを言葉で伝えることができる人
(2)カリキュラムポリシー

 本学看護学科では、ディプロマポリシーに掲げる能力を修徳するために、共通教育科目、専門基礎科目、専門科目の3つの科目群を設け、次のような方針で教育課程を編成します。学習成果はシラバスに示す方法で適切に評価し、その結果等に基づき教育内容を改善します。

  1. 教養を身につけ、科学的思考を育み、人間力を磨くための科目を 1 年次から 4 年次までに配し、成長に応じた学びができるようにする。
  2. 看護の対象となる人を全人的に理解して看護を実践できる力を身につけられるようにするため、生活者としての人間を理解する科目、看護の基礎を学ぶ科目、人間の発達段階や看護を実践する場の特性に応じた看護を学ぶ科目を、段階的に配する。
  3. 多職種と協働して看護を実践できる力を修得できるようにするため、専門職としての協働のあり方を学ぶ科目を1年次から段階的に配するとともに、日々の学びの体験の中で他者と協働する力を獲得できるような多様な学習方法を取り入れる。
  4. 社会の変化を捉え、自律的に学び続ける力を育むため、1年次の大学での学び方を学ぶ科目に始まり、4年次の課題探究型の実習と卒業研究まで、幅広い情報の捉え方やものごとの探究の仕方について学ぶ科目を配し、多様な学習方法を取り入れ、主体的に行動したり、自ら課題を発見したりできるようにする。
(3)ディプロマポリシー

 本学看護学科は、幅広い教養と豊かな人間性、国際性、変化に対応できる汎用的能力などをそなえ、「人」を中心に据えた専門的知識と高度な技術、創造力、実践力、協調性などを身につけた質の高い看護職者を育成するため、所定の課程を修め、132 単位を修得し、次の能力を修得した者に学士(看護学)の学位を授与します。

  1. 看護の対象となる人を生活者として全人的に理解し、科学的思考に基づいて質の高い看護を実践できる力
  2. 人々の多様性を理解し、倫理原則に基づいて判断できる力
  3. 課題解決に向け多職種と協働できる力
  4. 社会の変化を捉え、自律的に学び続ける力

保健医療学部リハビリテーション学科のポリシー

(1)アドミッションポリシー
<リハビリテーション学科のアドミッションポリシー>
  1. 入学後の修学に必要な高校卒業相当の基礎学力を有している。【知識・理解】
  2. 他者とのコミュニケーション能力をもち、仲間と協働した行動ができる。【態度】
  3. 保健・医療に対して強く関心を持ち、理学療法士や作業療法士への志向を強く持っている。【関心・意欲】
  4. 自分の意見をしっかり持ち、それを表現し、相手へ的確に伝えることができる。【技能・表現】
  5. 問題や課題を論理的な思考に基づき理解できる。【思考・判断】
<理学療法学専攻のアドミッションポリシー>
  1. 理学療法学専攻入学後の修学に必要な高校卒業相当の基礎学力を有している。【知識・理解】
  2. 理学療法士に必要な他者とのコミュニケーション能力をもち、仲間と協働した行動ができる。【態度】
  3. 保健・医療に対して強く関心を持ち、理学療法士への志向を強く持っている。【関心・意欲】
  4. 理学療法士として自分の意見をしっかり持ち、それを表現し、相手へ的確に伝えることができる。【技能・表現】
  5. 理学療法士として問題や課題を論理的な思考に基づき理解できる。【思考・判断】
<作業療法学専攻のアドミッションポリシー>
  1. 作業療法学専攻入学後の修学に必要な高校卒業相当の基礎学力を有している。【知識・理解】
  2. 作業療法士として他者とのコミュニケーション能力をもち、仲間と協働した行動ができる。【態度】
  3. 保健・医療に対して強く関心を持ち、作業療法士への志向を強く持っている。【関心・意欲】
  4. 作業療法士として自分の意見をしっかり持ち、それを表現し、相手へ的確に伝えることができる。【技能・表現】
  5. 作業療法士として問題や課題を論理的な思考に基づき理解できる。【思考・判断】
(2)カリキュラムポリシー
<リハビリテーション学科のカリキュラムポリシー>
  1. 豊かな人間性、論理的な思考力、的確な判断能力を身に付ける教育。
  2. 自然や文化を大切にし、倫理性、社会性、国際的感覚を身に付ける教育。
  3. 主体的な体験や討論を通して自己の考えを確立し、それを豊かに表現する能力を身に付ける教育。
  4. リハビリテーション医療職に必要な知識・技術、情報活用能力、コミュニケーション能力を身に付ける教育。
  5. 全人的な健康観に立ち、科学的、客観的な根拠及び人間の主観性と対話に基いた創造的な全人的ケアができる能力を身に付ける教育。
  6. リハビリテーション医療職として協働性を培い、社会のニーズや多様な変化に対応し、他職種と連携してチームで活動できる汎用的能力を身に付ける教育 。
<理学療法学専攻のカリキュラムポリシー>
  1. 理学療法士にふさわしい豊かな人間性、対象者の障害像を理解するための論理的な思考力、効率的な治療計画を立案できる的確な判断能力を身に付ける教育。
  2. 自然や文化を大切にし、医療者としての倫理性、多様化する社会の中で理学療法士としての役割を認識できる社会性と国際的感覚を身に付ける教育。
  3. 主体的な体験や討論を通して自己の考えを確立し、自らの主張や意見を的確に表現する能力を身に付ける教育。
  4. 対象者の身体機能や基本動作能力を改善・向上させるために必要な理学療法の知識・技術と理学療法士に必要な情報活用能力、コミュニケーション能力を身に付ける教育。
  5. 理学療法士として対象者の心と身体の痛みを全人的に理解することができとともに、科学的、客観的な根拠及び人間の主観性と対話に基いた創造的な全人的ケアができる能力を身に付ける教育。
  6. 理学療法士として協働性を培い、社会のニーズや多様な変化に対応し、対象者が地域で自立した日常生活へ復帰させるために必要な多職種間の連携によるチームへ主体的に活動できる汎用的能力を身に付ける教育。
<作業療法学専攻のカリキュラムポリシー>
  1. 対象者の心身機能の向上のみならず、生活の質を高めることも求められる作業療法士に必要な豊かな人間性、論理的な思考力、的確な問題解決能力を身に付ける教育。
  2. 対象者の地域社会での生活支援も担う作業療法士として、自然・文化などの社会特性、倫理性を理解できると共に、多様化する社会の中で対応し得る国際的な感覚を身につける教育。
  3. 主体的な体験や集団での討論を通して自己の意見を確立し、その意見を論理的にまとめた上で、的確に口頭や記述で表現する能力を身につける教育。
  4. 子供から成人、高齢者までの多種多様な疾患、高次脳機能障害を対象として作業を用いた支援・治療を実践する作業療法士に必要な知識および技術、情報機器や言語・非言語的方法を用いた人とのコミュニケーション能力を身に付ける教育。
  5. 作業療法士として、科学的、客観的な根拠に基づいた支援・治療および対象者の主観性や生活背景,障害受容過程を踏まえた精神的ケアが行える能力を身に付ける教育。
  6. 作業療法士として、急速な少子高齢化や障害の多様化による社会的ニーズの変化に対応し、チーム医療や地域包括ケアの中で他職種と連携して活動できる協働性を培い、汎用的能力を身に付ける教育。
(3)ディプロマポリシー
<リハビリテーション学科のディプロマポリシー>
  1. 人間愛に基づき「人」を中心に捉えた全人的ケアのできる専門的知識・技術・態度の修得。
    リハビリテーションとは、単に身体機能の回復をめざすものではなく、人間としての尊厳ある生き方の回復を支援することである。その役割を果たす理学療法士・作業療法士となるためには、人間愛に基づいた自尊心と他者の理解と思いやりを育み、全人的ケアの素養をもった人材を育成する。
  2. 個別的で多様な保健医療ニーズを把握できる情報収集・問題解決能力の修得。今後も超高齢社会の進展による医療・介護制度の変化や医療技術の高度化複雑化する中で、主体的に保健医療ニーズを把握するための情報収集を行い、対象者の個別的な問題解決に取り組む能力をもった人材を育成する。
  3. 多職種間と連携・協働し、主体的にチーム医療や地域包括ケアに参加できる倫理観と責任感の修得。
    高度化複雑化する医療や地域包括ケアの現場では、各関連専門職の専門性と独自性のある業務があり、多職種間相互の連携と協働作業が求められるため、それぞれの役割を理解し、倫理観と責任感をもってチーム医療と地域包括ケアの中で貢献できる人材を育成する。
  4. 知識・技術を高め、社会の変化に強い関心を持ち、多様な視点を持てる探求心と研究心の修得。
    社会の変化により刻々と変化する保健医療ニーズに対応できる知識と技術を高め続けようと研鑽する意欲を維持し、リハビリテーションに関する問題や新しい知見に対して主体的に探究し、研究に取り組む態度をもった人材を育成する。
<理学療法学専攻のディプロマポリシー>
  1. 理学療法士として備えるべき専門的知識と技術の修得により、対象者の身体機能や基本動作能力を改善・向上させる能力を身につけ、心と身体の痛みに対して人間愛に基づいた全人的ケアを実践できる能力を備えている。
  2. 理学療法士として対象者がもつ多様で個別的な保健医療ニーズを的確に捉える情報収集と問題解決能力を身につけている。
  3. 理学療法士として多職種間と連携・協働する能力を備え、チーム医療や地域包括ケアに主体的に参加することで、対象者が自立した日常生活行動を再獲得できるよう安全かつ的確に支援できる。
  4. 理学療法士としての知識と技術を高め、社会の変化と対象者の保健医療ニーズへ柔軟に対応しようとする意欲をもち、リハビリテーションの発展に貢献できる探求心と研究心を備えている。
<作業療法学専攻のディプロマポリシー>
  1. 作業療法士として、多種多様な対象者および疾患に対応するため、備えるべき専門的な知識と技術を修得する。また、全人的ケアが実践できる態度を身につけ、人生への満足度すなわち生活の質を高める支援ができる能力を備えている。
  2. 作業療法士として対象者の個別的で多様な保健医療ニーズを把握できる情報収集能力と保健医療の課題に対して問題解決に向けた取り組みが行える能力を備えている。
  3. 対象者が地域社会において主体的に自立した生活をおくれるように、チーム医療や地域包括ケアの中で、対象者を生活の視点で支援するという作業療法士の役割・専門性を理解し、多職種間での連携や協働ができる能力を修得する。
  4. 社会情勢や人口構成の変化に伴う社会ニーズの変化に対応し、さらなる発展に貢献するために、作業療法に対する探求心と研究心を備えている。

大学院のポリシー

(1)アドミッションポリシー
  1. 学修目標を明確にして主体的に学ぶことができる。
  2. ヒューマンケアを提供する看護職としての資質を有している。
  3. 国際的視野に立ち、柔軟な発想と論理的思考で課題を探究する姿勢をもっている。
(2)カリキュラムポリシー
  1. 看護学分野における高度な看護実践能力と教育研究能力を有する人材を育成するための教育課程を編成する。
  2. 高度な看護実践能力と教育、研究の基盤となる専門的知識と学際性を備え、また、高い倫理観と国際性を養うため、基盤科目及び専門科目に区分した体系的な教育課程を編成する。
  3. 基盤科目では、専門の学習の深化と発展につながる基礎的理論及び研究技法又は国際的視野に立脚した最新の知識と科学的根拠に基づいた理論の教授に重点を置いた講義、演習を行う。
  4. 専門科目、研究科目として、講義、演習及び特別研究・課題研究を通し、高度な専門的能力を養成する科目を設置する。なお、CNSを履修するコースには資格認定のための必要な科目を設置する。
  5. 主指導教員と副指導教員による複数の教員指導体制のもと、高度な看護実践に貢献できる論文又は課題研究の研究指導を行う。
(3)ディプロマポリシー
  1. 各専門分野における諸理論に精通し、臨床現場で生じている課題を科学的、論理的に解決する方法を修得し、質の高い看護実践力を有している。
  2. 臨床で生じている課題について、研究手法を用いて科学的に探究できる能力を有している。
  3. 各専門分野において、臨床での看護実践を教育するための知識を有している。
  4. 高い倫理観をもち、臨床で生じる倫理的問題に対して、適切に判断し、調整する方法を見出す力を有している。
  5. 看護実践及び教育、研究について、国際的視野をもち、保健医療チームにおけるリーダーとして、他のメンバーを尊重し、協働や連携を促進できるマネジメント力を有している。