保健医療学部 看護学科

教員紹介

奈良学園大学 保健医療学部 助教 野田 優希 のだ ゆうき
助教

野田 優希のだ ゆうき

略歴
大阪府立大学大学院総合リハビリテーション学研究科 博士後期課程 修了 博士(保健学)
広島大学大学院 医歯薬保健学研究科保健学専攻 博士前期課程 修了 修士(保健学)
長崎大学 医学部保健学科理学療法学専攻卒業

藤田整形外科スポーツクリニック(理学療法士)、富士通9人制バレーボール部トレーナー(現在に至る)を経て現職。その他、京都橘大学(非常勤講師)、神戸学院大学(非常勤講師)、日本理学療法士協会理学療法ガイドライン作成委員会SR作成班、日本スポーツ理学療法学会理学療法標準化委員会班員などを歴任。

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(JSPO-AT)
現在もスポーツ現場へ出向き、選手のパフォーマンス向上、傷害予防に努めている。
研究テーマ
・スポーツ復帰
・足関節捻挫
担当科目
・早期体験実習
・理学療法評価実習
・総合臨床実習Ⅰ・Ⅱ
・基礎ゼミⅡ
・運動学演習
・スポーツ医学
・スポーツ障害理学療法学
・筋骨格障害理学療法学Ⅱ(各論)
・理学療法計画論
高校生へのメッセージ
自分が関わった選手が活躍し、結果を残せたときの喜びは何物にも代えがたいものです。その瞬間を共有できるセラピストを共に目指しましょう。
本学学生へのメッセージ
スポーツ理学療法やスポーツ現場に興味のある学生はいつでも研究室に来てください
オフィスアワー
事前に連絡をいただければ対応いたします。
連絡先
学会等
日本理学療法士学会、日本スポーツ理学療法学会、日本運動器理学療法学会、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会、日本臨床スポーツ医学会、理学療法科学学会
著書・学術論文等
【著書】
・ポジショナルリリーステクニック(翻訳)(ガイアブックス)
・イラストでわかる運動器障害理学療法(医歯薬出版株式会社)
・スポーツ傷害膝の理学療法(文光堂)
・シンプル理学療法学シリーズ 運動器障害理学療法学テキスト 改定第3版(南江堂)
・実践リハ評価マニュアルシリーズ 症例動画から学ぶ臨床姿勢分析 〜姿勢・運動連鎖・形態の評価法(ヒューマン・プレス)

【論文】
・Quick and simple test to evaluate severity of acute lateral ankle sprain. Asia-Pacific Journal of Sports Medicine, Arthroscopy, Rehabilitation and Technology 25 P.30-P.34
・足関節装具が足圧中心と足関節周囲筋活動に与える影響〜足関節機能的不安定性を有する対象との比較〜.「靴の医学」第22巻第2号 P.14-P.18,2008
・足関節装具が足圧中心と下腿の筋活動に与える影響. 「運動療法と物理療法」第20巻第1号 P.55-P.59,2009
・慢性足関節不安定性(Chronic Ankle Instability; CAI)に対する固有感覚トレーニングの有効性とその課題. 「Sportsmedicine」第183巻 P.9-P.14,2016
・足関節内反捻挫受傷後の初診時における片脚負荷テストと圧痛部位,スポーツ復帰時期の関連性. 「日本臨床スポーツ医学会誌」第25巻第1号 P.59-P.63,2017
・性差によるバレーボールの傷害発生の特徴. 「日本ヘルスプロモーション理学療法」第6巻第4号 P.197-P.200,2017
・女性バレーボール競技者の ポジションによる 傷害発生の特徴 ─スパイカー,セッター,レシーバーの3つのポジションによる検討─. 「理学療法科学」第32巻第5号 P.621-P.625,2017
・足関節内がえし捻挫受傷後の圧痛部位を考慮した片脚負荷テストとスポーツ動作開始時期の関連性. 「日本臨床スポーツ医学会誌」第26巻第1号 P.54-P.59,2018
・足関節内反捻挫後のスポーツ動作開始時期に関連する因子の検討 —交絡因子を考慮した多変量解析による検討—. 「医療福祉情報行動科学」第5巻 P.11-P.17,2018
・動作・運動計測機器の活用法〜下肢荷重検査〜. 「医療と検査機器・試薬」第41巻2号 P.83-P.88,2018